東日本大震災アーカイブ

移送先タンク汚染水漏れ 第一原発で壁面のつなぎ目

 東京電力は5日、福島第一原発で地下貯水槽の汚染水移送先となっている地上タンク1基で、汚染水が漏れているのを確認したと発表した。東電は移送を停止し、原因や漏れた量を調べている。周辺の放射線量に目立った変化はないという。
 東電によると、同日午後零時15分ごろ、地上タンクの壁面のつなぎ目から、3~4秒間に1滴程度、汚染水が漏れているのを巡回中の協力企業の社員が発見した。
 タンクは円筒状で容量約500トン。鋼鉄製の板をボルトや溶接でつなぎ合わせている。東電はボルトを締め直したが、汚染水漏れが続いたため、汚染水を別なタンクに移送した。
 汚染水が漏れた地上タンクは5月に増設したばかりだった。