東日本大震災アーカイブ

町内全域の除染徹底を 自民提言受け、浪江町長あらためて訴え

 放射線量が低い地域を当面優先して除染する内容の提言を自民党の東日本大震災復興加速化本部がまとめたことを受け、浪江町の馬場有町長は6日に二本松市で開かれた町復興計画策定委員会で「除染なくして復旧なし」とあらためて町内全域の除染の徹底を訴えた。
 馬場町長は除染を前提に避難区域再編が行われたと指摘。「除染を行うという前提で全ての議論が始まっている。前提を変えることは理解しにくい」と強調した。
 さらに提言の中で支援の打ち切りを示唆する文言が並んだことについて「姑息(こそく)な手段。(支援内容については市町村と)個別に協議すべきだ」と述べた。

カテゴリー:福島第一原発事故