東日本大震災アーカイブ

浪江の復興計画策定委 9分野で町に提言 避難生活支援や除染など

 浪江町復興計画策定委員会は昨年10月に策定された町復興計画(第一次)で掲げた復興施策に関し、今後の方向性や各事業の改善策などをまとめた。6日、町に提言した。
 提言は、避難生活支援、町外コミュニティー、除染など9分野。災害公営住宅の整備に伴い借り上げ住宅などから町民が退去させられることがないよう配慮すること、追加被ばく線量の長期目標とされる年間1ミリシーベルト以下になるまで繰り返し除染するよう国に求めることなどが盛り込まれた。
 策定委員会の町民協働による進行管理部会が今年7月から提言案について議論してきた。進行管理部会長の吉岡正彦ふくしま自治研修センター総括支援アドバイザー兼教授が6日、二本松市民交流センターで馬場有町長に提言書を手渡した。馬場町長は「提言書を基に一つ一つの施策を確実に遂行していく」と述べた。町は提言の内容を平成26年度当初予算案などに反映する方針。