東日本大震災アーカイブ

原子力災害対策編素案示す 南相馬市地域防災計画 避難計画も

 南相馬市は6日開いた市防災対策会議で、市地域防災計画の原子力災害対策編と原子力災害避難計画の素案を示した。市民からのパブリックコメントなどに対応した上で、次回12月20日の同会議で承認を得たい考え。
 原子力施設の状態に応じた市民の防護措置の対応について、全冷却機能喪失など「全面緊急事態」に至った場合に原発から30キロ圏内で屋内退避を指示することを基本としながらも、状況に応じて市独自に屋内退避を指示するとした。
 避難計画では東日本大震災の実態などを踏まえ、避難先は地域によって宮城、山形、新潟県に分けた。

カテゴリー:福島第一原発事故