東日本大震災アーカイブ

福島第二原発エネルギー館 廃炉資料館に

宮本町長(左)と会談する石崎副社長ら(奥左側)

 東京電力の石崎芳行副社長(福島復興本社代表)は7日、郡山市の富岡町郡山事務所で宮本皓一町長と会談し、同町の東京電力福島第二原発エネルギー館を廃炉資料館(仮称)としたい考えを示した。
 石崎副社長は会談でエネルギー館が震災被害をほとんど受けていないことを強調し、「原発事故を二度と起こさないという誓いの下、将来的には廃炉の資料館のようなものにしたい」と述べた。具体的には来場者に廃炉作業の映像を見てもらったり廃炉の状況を分かりやすく伝える模型を展示したりすることを想定している。
 石崎副社長は会談後、「(廃炉資料館は)アイデアの一つの段階」とした上で「原発事故の教訓を後世に語り継ぐ責任がある」と述べた。

カテゴリー:福島第一原発事故