東日本大震災アーカイブ

地震発生時刻に合わせ黙とう いわきの仮設で双葉町民

午後2時46分に合わせて黙とうする参加者=いわき市南台仮設住宅

 東日本大震災から2年11カ月となった11日、双葉町民が避難生活を送るいわき市の南台仮設住宅で、仮設住宅に元気を届けるイベント「LOVE FOR NIPPON ROAD(ラブ・フォー・ニッポン・ロード)」が催された。地震が発生した午後2時46分に合わせ、住民と出演者が黙とうした。
 黙とうは双葉町民有志でつくる「夢ふたば人」の中谷祥久副会長の合図に合わせ、全員が1分間、目を閉じた。
 この日はキャンドルアーティストのCandle JUNE(キャンドル・ジュン)さんや女優の広末涼子さんらが訪れた。JUNEさんは「双葉町の仮設住宅には初めて来た。多くの人の思いを聞き、発信したい」と語った。町民はJUNEさんらとキャンドルナイトなどを実施して震災の犠牲者に思いをはせ、復興への気持ちを新たにしていた。
 広末さんは「避難している方々と一緒に楽しい時間を過ごせた。(気持ちを)ずっとつないでいきたい」と握手を求める住民に笑顔で応えていた。