東日本大震災アーカイブ

東電から現状と対策を聞き取り 楢葉防災対策検討委

東電から汚染水対策などの取り組みを聞いた委員会

 楢葉町の地域防災計画(原子力災害対策編)の見直しを提言する有識者による第三者機関「町原子力防災対策検討委員会」(委員長・松本哲男東京都市大工学部教授=同町出身)の2回目の会合は2日、いわき市の町いわき出張所谷川瀬分室で開かれた。
 東京電力の担当者が前回に続き福島第一原発5・6号機の使用済み燃料取り出しやタンク上部からの汚染水漏えいなど4項目について現状や対策などを報告した。委員は一部で、さらに具体的な説明が必要との認識で一致した。
 最終回となる次回は8日に開き、東電から4項目についての最新情報や対応策を聞いた上で、見直し案に反映させる。委員会はその後意見を取りまとめ、今月中に松本幸英町長に見直し案を提言する。