東日本大震災アーカイブ

第一原発でせきの雨水漏えい

 東京電力福島第一原発構内の「H4北」タンク群の周辺を囲むせきから12日に漏れた雨水に、東電の排出基準値を超える放射性物質が含まれていた。同社が15日発表した。
 漏えいしたせき近くで測定したところ、セシウム134と同137、トリチウム、放射性ストロンチウムの濃度合計値は1リットル当たり25ベクレルで、排出基準値の同0・22ベクレルを大きく上回った。「H4北」タンク群では12日、大雨の影響で2つあるせきのうち内側のせきから雨水が漏れた。

カテゴリー:福島第一原発事故