東日本大震災アーカイブ

国に受け入れ伝達 県と富岡、楢葉両町「責任ある対応を」 県内指定廃棄物の最終処分計画

丸川環境相(右から2人目)に計画受け入れを伝える(左から)松本楢葉町長、内堀知事、宮本富岡町長

 東京電力福島第一原発事故に伴う指定廃棄物を富岡町の管理型処分場に埋め立てる国の計画について、内堀雅雄知事と宮本皓一富岡町長、松本幸英楢葉町長は4日、丸川珠代環境相に計画の受け入れを伝えた。内堀知事らは搬入条件として、国の責任で地元住民の理解を得ることなど4項目の実現を要望した。
 福島市で丸川氏と会談した内堀知事は「埋め立てが風評や住民の帰還意欲の減退を招かないよう、国の責任ある対応を求める」と述べ、丸川氏も理解を示した。
 終了後、丸川氏は記者団に「(4項目について)しっかり実行する。(地元に)信頼を得られるよう話し合いを続ける」と述べ、反対住民への個別訪問などを継続するとした。
 宮本町長は「課題が山積しており、これからがスタート」と強調。松本町長は「(住民を交えた)安全協定締結がなければ搬入はない。しっかり進めてほしい」と注文した。
 会談には若松謙維復興副大臣(参院比例代表、郡山市在住)が同席した。
 国の計画は大きな節目を迎えたが、住民の一部で反対が根強く、安全協定締結や搬入道路の新設、搬入開始時期は見通せないのが実情だ。施設の国有化方針も管理・運営主体は決まっていない。
 国が福島再生加速化交付金を活用する地域振興策は、具体化の範囲や長期的な財源確保が明確でなく、県と両町は将来にわたる柔軟な対応を求めている。
   ◇  ◇ 
 内堀知事は会談で、他県の指定廃棄物が県内に運び込まれる可能性に触れ、「法律に基づき各県内で国の責任による処理を行うことを確認したい」と述べた。これに対し、丸川氏は「各県で処理することを堅持する」と強調した。

■県、富岡町、楢葉町の国への申し入れ事項
(1)地元の理解を得るための丁寧な対応
(2)処分場を国有化し、安全協定締結後に廃棄物を搬入
(3)県と富岡、楢葉両町と協議の上で輸送計画を策定
(4)町の復興状況や地元の意向を踏まえた地域振興策の具体化、対応状況の報告

■「仕方がない」「住民意向を無視」 町民、意見さまざま
 県と富岡、楢葉両町が指定廃棄物処分の計画受け入れを丸川珠代環境相に伝えた4日、町民からはさまざまな声が上がった。
 富岡町の無職池田幸さん(59)は「町や県全体の復興を進めるためには仕方がない判断だ。国有化や安全対策の対応も評価できる」とした上で、安全確保に向け施設の継続的な監視を求めた。一方、自宅が処分場の近くにある同町の会社役員水島進さん(73)は「計画に反対している町民の意見を町はもっと聞くべきだった。若い人の帰還意識が低下してしまうのではないか」と不満を口にした。
 処分場への搬入路がある楢葉町上繁岡行政区長の小薬金重さん(61)は「行政区の総会で住民の総意として反対を決めた。受け入れは住民の意向を無視したものと言わざるを得ない」と語った。

カテゴリー:福島第一原発事故