東日本大震災アーカイブ

県警など沿岸部捜索 震災から5年11カ月

懸命に行方不明者の手掛かりを捜索する警察官=浪江町請戸

 東日本大震災から5年11カ月となる11日、県警などは県内沿岸部で震災による行方不明者を一斉に捜索した。
 県警本部、関係警察署、双葉地方広域市町村圏組合消防本部などから約180人が参加した。
 このうち全域が避難区域になっている浪江町の請戸地区では、重機で掘り起こした土を丁寧にかき分けるなどして、手掛かりを探した。

■骨片など発見

 県警本部災害対策課によると、富岡町で骨片のようなものが3片見つかった。この他、浪江町請戸で印鑑と運転免許証各1点を発見した。

カテゴリー:福島第一原発事故