東日本大震災

「放射線・放射性物質Q&A」アーカイブ

  • Check

放射線 放射性物質 Q&A 子どもの甲状腺 小さなしこり問題ない?

 県や福島医大が実施している県民健康管理調査では、子どもの甲状腺を超音波検査しています。小さなしこりが見つかったケースをよく聞きますが、健康には問題がないとの説明を受けているようです。本当に大丈夫なのでしょうか。

【回答者】県放射線健康リスク管理アドバイザー・長崎大大学院教授(放射線医療科学専攻)高村昇さん

■珍しくなく良性ほとんど成長過程で消える場合も

 県民健康管理調査で甲状腺超音波検査を受けた子どもの中には、5ミリ以下のしこりや20ミリ以下の嚢胞(のうほう)が発見され、「A2」判定という検査結果を受けた人がいます。この「A2」判定の大多数は、甲状腺嚢胞(液体の入った袋)によるものです。甲状腺嚢胞は、生まれつきある場合もありますし、成長過程で一時的に現れて成長とともに消えていく場合もあります。甲状腺結節(しこり)や嚢胞は子どもでも決して珍しくないのですが、良性がほとんどです。
 このため、しこりや嚢胞がなかったとされる「A1」判定の人と同様に、現時点で採血や尿検査などの2次検査の必要はありません。県民健康管理調査では、充実部分を伴う嚢胞や、結節を含めて5.1ミリ以上のものが見つかれば、2次検査に進む「B」判定にしています。
 甲状腺がんは一般的に極めてゆっくりと成長し、ほとんど死亡などの重症化するケースがないことで知られています。東京電力福島第一原発事故から1年3カ月余り経過した現段階で原発事故による放射線被ばくの影響が出ていることは考えられません。長期的な経過観察が大切です。
 現在、県は1回目の甲状腺の超音波検査をしていますが、それが終了すれば、2回目の検査をする予定です。今後、しこりや嚢胞が前回の検査と比べて変化がないかを継続的に確認していくことが必要です。

カテゴリー:放射線・放射性物質Q&A

「放射線・放射性物質Q&A」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧