東日本大震災

  • Check

相馬市役所新庁舎が起工 現地で安全祈願祭28年1月完成

新庁舎の無事完成を願いくわ入れする立谷市長

 相馬市役所新庁舎の建設工事の安全祈願祭は26日、市役所北側の現地で行われた。
 市関係者ら約90人が出席した。神事が行われ、立谷秀清市長らがくわ入れし、玉串をささげて工事の安全を祈願した。立谷市長は「市役所建設は半世紀に一度の重要な公共事業。東日本大震災からの復興を進め、市の新しいイメージを発信する拠点となるよう安全に工事を進めてほしい」とあいさつした。
 震災の揺れで現庁舎が損壊したため、旧市民会館・分庁舎の跡地に建て直す。免震構造の鉄骨造り4階建てで延べ床面積は約9575平方メートル。
 中村一小や新市民会館など周辺の公共施設と合わせ、城下町の風情を生かす和風のデザインとする。平成28年1月の完成を見込む。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧