東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

モモなど果実4品目 全て基準値下回る

 県は25日、果実の放射性物質の検査結果を発表した。都道府県別の生産量が全国2位のモモなど6市町村の4品目13点を調べ、全て食品衛生法の暫定基準値(1キロ当たり放射性ヨウ素2000ベクレル、放射性セシウム500ベクレル)を下回った。
 果実の検査結果は【表】の通り。モモは初めて検査した。国見町で生産された県オリジナル品種「はつおとめ」を調べ、放射性セシウムは51ベクレル検出された。放射性ヨウ素は検出されなかった。国見町のアンズも初めて調べた。
 ウメは福島、伊達、桑折、相馬、南相馬の5市町が出荷制限対象となっている。農産物の出荷制限解除は、同一地点か周辺で採取したサンプルの検査で3回連続、暫定基準値を下回ることが原則。だが、県によると、ウメは短期間で出荷時期が終わるため、複数回の検査をできず解除が困難だとしている。
 県は野菜の検査結果も発表した。11市町村の11品目22点を調べ、いずれも放射性物質は検出されなかった。検査対象は次の通り。
 ▽福島=レタス▽郡山=コマツナ、キャベツ、キュウリ▽須賀川=キャベツ、キュウリ▽二本松=サヤインゲン(施設)、ピーマン、トマト(施設)▽田村=ピーマン、キュウリ、サヤインゲン(施設)、キャベツ、ブロッコリー▽伊達=ニンニク、サヤインゲン▽川俣=レタス▽大玉=ブロッコリー▽鏡石=サヤインゲン、ナス▽平田=キャベツ▽古殿=ホウレンソウ

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧