東日本大震災

  • Check

浪江町、来月に出張所 福島市役所に開設で協定

 福島県浪江町は14日、東日本大震災に伴う避難者の支援に関する協定を福島市と締結し、8月1日をめどに福島市役所内に出張所を開設することを確認した。
 福島市役所で締結式を行い、馬場有浪江町長と瀬戸孝則福島市長が協定書を交わした。馬場町長は「瀬戸市長をはじめ、市民からの厚い支援で町民に生きる力を与えてほしい」と話した。
 浪江町によると、仮設住宅への入居が進むことで市内に避難する町民は5千人ほどになる見通し。避難者の増加に対応し、連絡所では時間がかかった住民票や各種証明書の発行を円滑に進める。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧