東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

県民健康調査、26日から問診票を送付

 県は26日、県民健康管理調査の全県的な基本調査を始める。同日、富岡町民に対して問診票を送付し、東京電力福島第一原発事故以降の町民の被ばく量などを調べる。
 基本調査では先行調査地区を除く約200万人に対して、順次問診票を送付する。問診票に原発事故以降に滞在した場所と期間、事故直後の水や野菜などの摂取状況などを記入してもらい、個人の被ばく量を算出する。結果を千葉県の放射線医学総合研究所(放医研)などで分析し、健康への影響の有無などを調べる。調査結果に基づき必要があれば、10月ごろから実施する採尿や採血などの詳細調査を受けてもらう。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧