東日本大震災

「放射線・放射性物質Q&A」アーカイブ

  • Check

放射線 放射性物質 Q&A 山菜やタケノコ食べていいのか

 山菜やタケノコがおいしい季節になりました。しかし、東京電力福島第一原発事故の影響で、基準を超えた放射性セシウムが検出されるケースが出ているようです。どのような対応が求められるのでしょうか。

【回答者】県放射線健康リスク管理アドバイザー・長崎大大学院教授(放射線医療科学専攻) 高村昇さん

■市場出ているのは問題ない 収穫した場合は値の確認を

 春になり、県内の一部地域では収穫されたタケノコや山菜から、基準値を超える放射性セシウムが検出されています。タケノコや山菜から放射性セシウムが検出される原因については、まだよく分かっていないことが多いのが実情です。しかし、タケノコの葉からも放射性セシウムが検出されており、土壌からの吸収だけでなく、竹の根や茎を介して、放射性セシウムが移行している可能性が考えられます。

 現在、市場に出回っている山菜やタケノコは基準値を下回っており、店で購入した物は摂取しても問題はありません。自分で山に入って山菜狩りやタケノコ狩りをする場合には、その地域で収穫された山菜、タケノコで今シーズンになって基準値を超える放射性セシウムが検出されていないかどうかを確認するべきです。もし超えていれば、食べるのは控えた方がよいでしょう。

 県のホームページでは、食品中の放射性セシウムについての県の検査結果を随時公開していますので、県内での検出状況を確認できます。放射線に関する電話相談窓口なども開設されており、不明な点があれば、積極的に活用することをお勧めします。

 一方、現在の放射性セシウムの基準値は、1年間ずっと食べ続けた場合の内部被ばく線量を基に算出された数値です。1回、あるいは1週間程度、基準値を超えた食品を摂取しても内部被ばく線量は極めて低く、健康に影響を与えるものではありません。

カテゴリー:放射線・放射性物質Q&A

「放射線・放射性物質Q&A」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧