東日本大震災

「放射線・放射性物質Q&A」アーカイブ

  • Check

放射線 放射性物質 Q&A 「被ばくによるがん」「別の原因のがん」に違いは

 放射線に被ばくすると、がんになるといわれています。被ばくをしていなくても、がんになる人は多いですが、被ばくした場合とそうではない場合で、発症するがんの性質や治療法などに違いはあるのでしょうか。

【回答者】県放射線健康リスク管理アドバイザー・長崎大大学院教授(放射線医療科学専攻)高村昇さん

■両者の差見分けられない 治療方法にも変わりなし
 現在、日本人の死亡原因で最も多いのは、がんや白血病といった「悪性新生物」で、死亡原因の約3割を占めています。つまり日本人1000人がいれば、最終的に300人ぐらいは悪性新生物で亡くなることになります。
 100ミリシーベルトの被ばくによって、がんで亡くなるリスクが0.5%高まるとされています。仮に、日本人1000人が100ミリシーベルトの放射線を1度に被ばく(急性被ばく)をした場合、これまでは生涯を通じて300人が悪性新生物で亡くなっていたのに対し、リスクが0.5%高まれば305人に増えることになります。
 放射線を浴びたことでがんになった人と、それ以外の原因でがんになった人との間で何か違いはあるのかというと、現代の科学では両者の違いを見分けることができません。先ほどの例でいうと、100ミリシーベルトの被ばくによって1000人中、がんで亡くなった305人のうち、放射線被ばくによってがんになった5人が誰なのかは証明できません。
 また、放射線を浴びたことによって起こるがんであっても、それ以外の原因によるがんであっても、治療方法に違いがあるわけではありません。
 がん治療の基本は早期発見、早期治療です。県内では市町村ごとに特定健診に加えてがん検診が行われており、がんを早期発見するよう努めることが大切です。何よりも、禁煙や運動不足の解消など、生活習慣の改善によってがんを予防することを心掛けるべきでしょう。

カテゴリー:放射線・放射性物質Q&A

「放射線・放射性物質Q&A」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧