東日本大震災

  • Check

称は「ふくしま新生プラン」 県総合計画 飛躍の願い込める

県総合計画改定案の名称、基本目標など概要を発表する佐藤知事

 福島県は、12月定例県議会に提出する県総合計画改定案の名称を「県総合計画 ふくしま新生プラン」、基本目標を「夢・希望・笑顔に満ちた"新生ふくしま"」とする。27日、佐藤雄平知事が記者会見し、発表した。
 佐藤知事は、「(名称に)本県の厳しい状況を克服し、新たな飛躍を目指す意味を込めた」と説明。基本目標については「県民が夢や希望を持って生き生きと活躍できる社会、人々が安心して日々の暮らしを送り、笑顔に満ちあふれた社会、原子力に依存しない安全・安心な新しい社会づくりを目指す」と決意を述べた。
 改定案の計画期間は平成25年度から32年度まで。避難地域・避難者の再生、原子力災害対策など22の政策分野を設定。施策数は前計画の252から422に増やした。
 具体的な指標として32年度に県内・県外避難者数をゼロにすることや、再生可能エネルギー導入量を21年度の21.2%から40.2%以上に増やすことを盛り込んだ。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧