東日本大震災

「放射線・放射性物質Q&A」アーカイブ

  • Check

放射線 放射性物質 Q&A ヨウ素とはどんな物質か

 東京電力福島第一原発事故の放射性ヨウ素被ばくの問題で、日本人は普段の食生活でヨウ素を十分に取っているので放射性ヨウ素を取り込みにくいと聞きました。このヨウ素とはどのような物質なのでしょうか。

【回答者】県放射線健康リスク管理アドバイザー・長崎大大学院教授(放射線医療科学専攻) 高村昇さん

■特に昆布に多く含まれる 過剰摂取で甲状腺異常も

 ヨウ素は、海藻類、特に昆布に豊富に含まれています。おせち料理の中に「昆布巻き」があるように、日本人は古くから昆布を縁起の良いものとして重宝し、摂取してきました。また、日本料理に欠かせない昆布だしにも、ヨウ素が豊富に含まれていますが、ヨウ素が水に溶けやすく、容易にだし汁に移行するためです。
 体の中に取り込まれたヨウ素のうち、余分なものは比較的短時間に代謝され、尿と一緒に体の外に排せつされますので、通常の食生活をしている限り、ヨウ素を取りすぎることはあまりありません。
 ただし、ヨウ素を大量に長期間取り続けた場合は「ヨウ素過剰症」という状態になることがあります。具体的には甲状腺が大きくなり、甲状腺ホルモンが出過ぎたり、逆にホルモンが出なくなったりすることによってさまざまな症状が出ることが知られています。また、まれなことなのですが、妊娠中に大量のヨウ素を取り続けると、生まれてくる赤ちゃんの甲状腺機能が低下する可能性があることが知られています。
 あまり過敏になる必要はありませんが、特に妊婦は、昆布のようにヨウ素が多く含まれる食材を大量に、そして長期に取り続けることは控えた方がよいでしょう。また、昆布以外のワカメやノリ、あるいは魚介類にもヨウ素は含まれていますが、昆布に比べて含有量がはるかに少ないですので、少々食べ過ぎたとしてもヨウ素過剰の状態になることはありません。

カテゴリー:放射線・放射性物質Q&A

「放射線・放射性物質Q&A」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧