東日本大震災アーカイブ

富岡、大熊の2町で一時帰宅

 東京電力福島第一原発から半径20キロ圏内への一時帰宅は2日、富岡、大熊両町で行われた。
 富岡町は190世帯472人、大熊町は190世帯467人が参加した。個人の積算放射線量は富岡町が0~34マイクロシーベルト、大熊町が1~54マイクロシーベルトだった。富岡町の男性1人が頭痛、大熊町の男性1人がくぎでけがをしたため救護所で処置を受けた。大熊町の車両2台が放射性物質の基準を超えて除染を受けた。