東日本大震災

  • Check

知事と懇談し本県激励 アフリカ・レソト王国首相

佐藤知事に記念のタペストリーを贈るタバネ首相(左)

 アフリカ南部にあるレソト王国のモツォアハエ・トーマス・タバネ首相は4日、県庁に佐藤雄平知事を訪ね、東日本大震災、東京電力福島第一原発事故からの復興を目指す本県を激励した。3日に閉幕した第5回アフリカ開発会議(横浜市)の出席に合わせて訪れた。
 県庁で会談したタバネ首相は「福島の皆さんが力を合わせて(震災、原発事故からの)回復に努力する姿に感銘を受けた」と語り、佐藤知事は「県内を視察し福島の現実を世界に伝えてほしい」と話した。タバネ首相から佐藤知事にタペストリー(壁掛け)が記念品として贈られた。
 旧相馬藩主の故・相馬恵胤(やすたね)氏の妻、故・相馬雪香さんが日本レソト王国友好協会の初代会長を務めていた縁などから、タバネ首相らは相馬市を視察した。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧