東日本大震災

  • Check

本県に派遣の職員へ感謝 福島でイベント

道の駅の特産品を見て回る全国の自治体職員ら

 東日本大震災からの復興に向け本県に派遣されている自治体職員に感謝する「震災応援ありがとうin福島」は27日、福島市のコラッセふくしまで開かれた。
 県建設技術協会(事務局・県土木部)の主催で、関係者ら約260人が出席した。渡辺宏喜県土木部長が「福島の素晴らしさ、われわれの感謝の気持ちを感じ取ってほしい」とあいさつした。参加者は本県の地酒や郷土料理を味わいながら、ふくしま八重隊による本県のPRやフラダンス、バンド演奏に耳を傾けた。県内の道の駅のブースが並び、下郷町や平田村の特産品を販売した。テーブルごとに「仮設・災害住宅」「津波まちづくり」などテーマを設け、復興に向けて意見交換した。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧