東日本大震災

  • Check

第一原発の地下水バイパス計画 国と具体的に協議 東電常務が方針

 東京電力福島第一原発で、放射性物質によって汚染される前の地下水をくみ上げて海に放出する「地下水バイパス計画」について、東電の新妻常正常務は24日、「排水基準をまとめ、原子力規制庁に内容を説明したい」と述べ、国と具体的な協議に入る考えを示した。説明する時期や開始時期については「検討過程なので答えられない」とした。
 同日、いわき市の県水産会館で開かれた県漁協組合長会で漁業関係者にあらためて計画を示した後、報道陣の取材に応じた。東電は規制庁への説明後、計画実施に向けて漁業関係者に再度理解を求める方針。
 同計画は、第一原発の山側から原子炉建屋に流れ込んでくる地下水などで1日400トンずつ増える汚染水を減らすための緊急対策の柱の一つ。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧