東日本大震災

  • Check

中間貯蔵の住民投票条例案 29日に楢葉町臨時議会で採決

 東京電力福島第一原発事故に伴う中間貯蔵施設(保管庫)の楢葉町内への建設の是非を問う住民投票条例の制定を求めた町民有志の直接請求を受け、楢葉町の臨時議会は29日、いわき市の町いわき出張所谷川瀬分室で開かれる。臨時議会では松本幸英町長が条例制定に自らの意見を添えて提案し、採決する。24日の町議会議会運営委員会で日程を決めた。
 同様の住民投票条例制定案が議会に提出されるのは、昨年の9月定例議会に議員発議され議長を除く議員11人のうち賛成5人で否決されて以来、2度目。
 直接請求したのは海事代理士松本慶一さん(65)と無職結城政重さん(66)が共同代表の住民グループで昨年、署名活動を行い町選管委に提出した。町選管委は直接請求に必要な有権者数の50分の1(126人)を上回る2151人と確認した。これを受け住民グループは今月10日、松本町長に直接請求した。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧