東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

事業進捗を不安視 農業用ダム・ため池除染

 復興庁と農林水産省、環境省は21日、農業用ダム・ため池の除染に関する説明会を福島市の福島グリーンパレスで初めて開いた。出席した市町村の担当者らからは国の方針通り事業が進捗(しんちょく)するか不安視する意見が相次いだ。
 復興庁は3月下旬、県内の農業用ダム・ため池の除染を「福島再生加速化交付金」の対象事業に加え、事業の実施主体は市町村が担うと発表した。
 説明会は非公開で開かれた。県内の市町村などから約150人が出席した。各省庁の担当者が今秋の本格実施に向けて県と協力し技術マニュアルを作成し、市町村に配布することなど当面のスケジュールを示した。
 説明会終了後、県北地方の自治体の担当者は「市町村任せの国のやり方に疑問を感じる。人員面で限りがある。国、県が主体的に関わるべき」と求めた。農業関係団体の担当者は「規模の小さい地域の水利組合が管理しているダム、ため池が多い。(事業を)できる範囲は限られるのではないか」と不安を見せた。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧