東日本大震災

  • Check

「全国行脚」県が補助金 ご当地キャラと子どもの訪問団に

 東京電力福島第一原発事故発生後の県内の正確な情報を発信するため、県はご当地キャラクターと子どもの訪問団を北海道や西日本に派遣する県内団体の事業費を補助する。
 昨年9月に白河市で催された「ご当地キャラこども夢フェスタ」を契機に、地域に根付いたキャラクターを生かした子どもの交流事業を支援する。さらに県内の情報が届きにくい地域に本県の魅力と現状を伝え、原発事故の風化防止と風評払拭(ふっしょく)を目指す。
 派遣先の県外市町村などのキャラクターと子どもの団体を県内に招待し、相互に交流するのが補助の条件。1事業当たりの補助金は最大150万円で、5事業程度を募集する。
 問い合わせは県広報課 電話024(521)7015へ。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧