東日本大震災

  • Check

2次公募8件を選定 産総研、被災地企業技術支援で

 産業技術総合研究所(産総研)福島再生可能エネルギー研究所は17日までに平成26年度「被災地企業のシーズ支援プログラム」2次公募の審査を行い、技術支援課題8件を選定した。
 同プログラムは、東日本大震災の被災3県の企業が開発した再生可能エネルギー関連技術などを支援する事業で、地域の新産業創出を目的にしている。
 2次公募で技術支援課題に選定された8件は次の通り。
 ▽環境システムヤマノ(須賀川市)=新しい融雪型太陽電池モジュール、システムの開発
 ▽日本カーネルシステム(郡山市)=太陽電池ストリングの健全性確認検査装置の実証
 ▽元旦ビューティ工業(本宮市)=太陽電池の性能低下防止装置の評価技術
 ▽倉元製作所(宮城県栗原市)=逆型有機薄膜太陽電池の耐久性・信頼性評価とその劣化メカニズムの解析
 ▽東北ネヂ製造(いわき市)=長期強度信頼性に優れた風力発電分野向け太径ボルトの開発
 ▽日本化学工業(三春町)=リン系イオン液体の高温熱媒体としての性能評価
 ▽大野ベロー工業(いわき市)=水素ガス及び水素混合流体雰囲気中におけるベローズシールバルブの有効性評価
 ▽イーダブリュエムファクトリー(南会津町)=太陽光発電利用の独立型防災サーバー

■3次公募の申請26日まで受け付け

 福島再生可能エネルギー研究所は平成26年度「被災地企業のシーズ支援プログラム」3次公募の申請を26日まで受け付けている。
 問い合わせは同研究所福島連携調整室 電話024(963)0813へ。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧