東日本大震災

  • Check

原釜で4日開所 津波被害の尾浜駐在所新築

 東日本大震災の津波で流失した相馬署尾浜駐在所が相馬市原釜地区に移転・新築され、10月4日に開所する。同署が26日、発表した。
 新しい尾浜駐在所の住所は相馬市原釜字金草94の2。沿岸部にあった以前の駐在所の場所から内陸側に約1・3キロ移転した。県道相馬亘理線沿いで、近くにはみなと保育園、原釜幼稚園などがある。
 10月4日は午後2時から新駐在所で開所式を行う。警察、住民代表らがテープカットする。
 県内では浜通りの5つの駐在所・派出所が津波で被害を受けた。相馬市内では、相馬署磯部駐在所が移転・新築され、6月に業務を再開した。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧