東日本大震災

  • Check

遠隔技術開発センター着工 楢葉、第一原発廃炉へ訓練

工事が始まったセンターの建設現場

 東京電力福島第一原発の廃炉に向け、日本原子力研究開発機構(JAEA)が楢葉町に整備する楢葉遠隔技術開発センターの安全祈願祭と起工式は26日、同町山田岡の現地で行われた。
 約100人が出席した。村田文雄副知事、松浦祥次郎JAEA理事長、高木陽介経済産業副大臣、浜田昌良復興副大臣、山本朋広文部科学政務官、松本幸英楢葉町長がくわ入れして工事の無事を祈願した。
 起工式では松浦理事長が「福島第一原発事故の収束と廃炉の加速が最も重要な使命。研究開発を効果的に進められるように最大限の努力をしたい」とあいさつした。
 起工式終了後、重機を動かし、工事を開始した。
 センターは廃炉の作業者の訓練などを行う研究管理棟、原子炉格納容器の実物大模型などが入る試験棟の2棟からなる。平成27年夏に一部で運用を開始し、28年4月に本格的に業務を始める。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧