東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

国、東電に意見要望へ 県廃炉監視協が浄化地下水の放出で

集水タンクを視察する参加者

 東京電力福島第一原発建屋周辺の井戸「サブドレン」からくみ上げた水を浄化して海洋放出する計画をめぐり、県廃炉安全監視協議会は今後、計画実施に関する同協議会の意見をまとめて国と東電に要望する。
 協議会は26日、福島第一原発でサブドレン計画に必要となる一連の設備を立ち入り調査した。
 調査終了後、会長の樵隆男県危機管理部長が「計画について意見していくことが大切」と述べた。その上で「汚染水の低減という大きな目的に向け、問題点がないか着実に厳しく監視する」と強調した。
 調査には協議会のメンバー23人が参加した。地下水をくみ上げていったん保管する集水タンク、地下水の放射性物質を除去する浄化設備などサブドレン計画の実施で使われる施設を視察した。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧