東日本大震災

  • Check

理容師ら福島で鋏魂祭 復興の願いショーに 家族の絆を表現

「つながり」をテーマにヘアショーを繰り広げる理容師

 東日本大震災からの復興を願い理容師らが企画した「ふくしま鋏魂祭(きょうこんさい)」は23日、福島市のパルセいいざかで開かれた。

 県理容生活衛生同業組合講師会のメンバーでつくる実行委員会の主催、福島民報社などの後援。震災で離れ離れの生活を送る家族の絆を強めようと初めて企画し、ヘアショーなどさまざまなイベントを繰り広げた。
 ヘアショーは「つながり~世代を超えて~」をテーマに行った。東北6県の理容師が季節ごとに入学式や花火、祭り、結婚式に臨む親子3世代を表現した。世界で活躍する全国理容連合会名誉中央講師の本田誠一さんもステージに立った。
 小、中、高校生を対象にカットやパーマを行ったり、理容師から顔そりやエステなどをしてもらったりする体験コーナーも人気を集めた。
 「つながり」をテーマに「風景」「家族」の2部門で募集したフォトコンテストの表彰式も行った。風景部門で最優秀賞に輝いた久木澄雄さん=二本松市=ら受賞者に菅野徹雄実行委員長が賞状などを贈った。
 同部門の福島民報社賞に西山栄さん=いわき市=、家族部門の最優秀賞に岡光明さん=いわき市=、福島民報社賞に菅野晃弘さん=福島市=が選ばれた。コンテストには県内外から2部門に合わせて245点の応募があった。
 その他の受賞者は次の通り。

 ◇風景部門▽優秀賞=堀越靖(郡山)中野誠士(福島)▽福島民友新聞社賞=三木新太郎(同)▽入賞=渡辺勝雄(郡山)堀恒夫(喜多方)佐藤憲弘(岩手)▽当日投票賞=馬場光生(福島)三浦文雄(同)河野善次(同)
 ◇家族部門▽優秀賞=千年原裕美(喜多方)佐川豊次(白河)▽福島民友新聞社賞=須田勝彦(南会津)▽入賞=小塩清美(会津若松)栗原陽子(福島)相田勝仁(同)▽当日投票賞=馬場さゆり(福島)七島淳(同)野崎敦美・彩也音(矢吹)

菅野実行委員長から賞状を受ける久木さん(左)

東日本大震災の最新記事

>> 一覧