東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

壁パネル取り外し延期 第一原発1号機、強風で13日以降

建屋海側の凍土遮水壁。温度が下がらない部分に凍結促進剤を注入する作業が続けられている

 東京電力が12日早朝に予定していた福島第一原発1号機の建屋カバー壁パネルの取り外し作業は強風のため、13日以降に延期となった。
 建屋カバーは水素爆発で壁が吹き飛んだところから放射性物質が飛散するのを防ぐため平成23年10月に設置された。使用済み核燃料プールにある392体の燃料取り出しに向け、建屋カバーを解体する。
 東電は放射性物質の飛散防止剤を散布し、カバーの屋根部分を取り外した。今回は約3カ月かけて壁部分を解体し、原子炉上部に残る大型のがれきを撤去する。

■廃炉作業現場報道陣に公開 凍土遮水壁制御など

 東京電力は12日、福島第一原発の廃炉作業の現場などを報道陣に公開した。汚染水対策の凍土遮水壁の制御棟や、遮水壁の温度が下がらない部分に凍結促進剤を注入する作業現場、建屋海側の地下水位上昇を防ぐ井戸「地下水ドレン」などを巡り、状況を説明した。
 同日、県廃炉安全監視協議会も福島第一原発を視察した。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧