東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

放射線教育 在り方議論 郡山で国際シンポ開幕

放射線教育の必要性を訴える有馬氏

 NPO法人放射線教育フォーラムの第5回国際シンポジウムは16日、郡山市の郡山商工会議所で開幕した。初日は有馬朗人日本アイソトープ協会長(元文部科学相、元東大総長)が基調講演し、義務教育段階での放射線教育の必要性を訴えた。
 有馬氏は原子力推進につながるとの反対意見などを背景に、放射線教育が国内の中学校で昭和52年から約30年間、行われなかったと指摘。その結果、東京電力福島第一原発事故の際、放射能・放射線に対する必要以上の恐怖心を招き、県産農水産物の不買運動につながったと説明した。
 その上で、「(国民が)風聞に左右されないよう、客観的科学的知識をきちんと教育すべき」と主張した。
 シンポジウムは19日まで。放射線やエネルギー問題に関する教育の在り方を専門家らが議論する。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧