東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

デブリ取り出しへ試験 IRIDと東芝、模型使用 楢葉で現場公開

コンクリートを模型に流し込む設備の一部

 国際廃炉研究開発機構(IRID)と東芝は23日、東京電力福島第一原発からの溶融燃料(燃料デブリ)取り出しに向け、楢葉町の楢葉遠隔技術開発センターで、原子炉建屋の一部を再現した模型を使い破損部分を補修する試験を前に、現場を公開した。試験は24日に行う予定で、事故で損傷したとみられる圧力抑制室内の箇所をコンクリートで補強し、水漏れを防ぐ。
 原子力損害賠償・廃炉等支援機構(NDF)は格納容器内を水で満たし燃料デブリを搬出する「冠水工法」を選択肢の一つとして提示している。燃料デブリを取り出す際、放射線を遮る水を格納容器内に満たしている状態を維持するため、格納容器下部にある圧力抑制室の破損部分を補修する必要がある。
 建屋の模型は高さ約14メートル、幅と奥行きがそれぞれ約20メートル。試験ではコンクリートポンプ車を使い、約200立方メートルの水中不分離性コンクリートを模型に流し込む。1カ月ほどかけて固め、止水性能を確認する。
 政府と東電は、今回実施する試験の結果などを踏まえ今夏、1~3号機内の燃料デブリの取り出し方針を決める。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧