東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

豊間中落成祝う 津波で被災「復興のシンボル」 いわき

建て替えられた校舎

 東日本大震災の津波で被災し、建て替えられたいわき市平薄磯の豊間中の落成記念式典は21日、同校で行われた。
 生徒や関係者ら約200人が出席した。清水敏男市長が「まさに復興のシンボル。新校舎とともに豊間中の新たな歴史を刻んでほしい」と式辞を述べ、菅波健市議会議長が祝辞を贈った。生徒会長の東海林功多さん(3年)が「震災が起きた日を今でも鮮明に覚えている。学べる環境があることに感謝して学校生活を送りたい」と決意を述べ、松本仁志校長があいさつした。
 新校舎は鉄筋コンクリート造り3階建てで、延べ床面積は約3000平方メートル。旧校舎から約400メートル内陸の海抜11.4メートルの場所に建設された。豊間小に連結し、豊間保育園と放課後児童クラブが併設されている。新校舎の屋上は、災害発生時に住民の避難場所として利用できるよう校舎外からも屋上に上れる階段を設置した。体育館は鉄骨造り平屋で、延べ床面積は約1095平方メートル。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧