東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

いわき市側溝の除染基準以下土砂 今月中に撤去完了

 東京電力福島第一原発事故に伴い、除染基準を下回る放射性物質が付着した土砂が道路側溝に堆積している問題で、いわき市が市道などで実施している震災復興・側溝堆積物撤去事業は今月中に完了する見通しとなった。15日、清水敏男市長が市役所で記者会見し、発表した。
 撤去作業の進捗(しんちょく)状況は4月末現在で9割を超えた。平、勿来、四倉の各地区での作業が終わり次第完了となる。最終的に除去する堆積物の総量は約2万3000トン、作業する側溝の延長は約650キロとなる見込み。撤去後は、堆積物の処理施設から産業廃棄物最終処分場への運搬、埋め立て処分などに着手する。
 事業は2016(平成28)年度に小名浜地区でモデル事業に着手。2017年度に市内全域で作業を開始した。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧