東日本大震災

「連載・今を生きる」アーカイブ

  • Check

今を生きる 必ずまた船を出す 浜風に、仲間に誓う

変わり果てた請戸の町並みを眺めながら歩く浮渡さん=26日午前11時40分ごろ

【漁師 浮渡宣夫さん42 (浪江町)】
 「残った自分たちが精いっぱい生きる。それがせめてもの供養だよ」。浪江町請戸の漁師浮渡宣夫さん(42)は26日、請戸漁港の近くに設けられた焼香台に花を手向けた。浜風が運ぶ潮の香りが懐かしかった。かつての仲間から励まされたような気がした。
    ◇   ◇
 津波で家も、漁船も失い、町内の施設に避難した。その後、父通正さん(72)と2人で茨城県の妹宅、つくば市の避難所などを転々とし、1カ月ほど前、7カ所目となる猪苗代町のペンションに身を寄せた。
 日の出とともに「宝正丸」に乗り込み、午前中、市場に荷を降ろす。2代目として漁に携わって22年になる。何もすることのない避難生活の中で、気がつくと漁船のエンジン音、磯のにおいを追い求めていた。
 あの日、相馬双葉漁協請戸支所青壮年部の部員2人が津波にのまれた。町内のスーパーで開いていた魚介類の販売会を地震で中止し、解散した直後のことだった。「津波警報が出ていたのに、なぜ部員をすぐに帰してしまったのか」。部長として仲間を守れなかったことを責め、あの日の海を憎み続けた。
 町臨時職員に採用された今月初め、猪苗代町から南相馬市原町区のアパートに移ることを決めた。町民が暮らす川俣町の避難所に通い、食材の買い出しや入浴の準備、通院するお年寄りらの送迎の仕事を始めて2週間が過ぎた。
 避難所では、誰もが将来への不安を抱え、つらい気持ちを分かち合っていた。ここで働くことが、今まで支えてくれた人たちへの恩返しになると思っている。
    ◇   ◇
 先月初め、祖母が避難先の栃木県で亡くなった。慰霊には、祖母の遺骨に供えていた花を持参した。慰霊の後、家があった場所に足を運ぶと、持ち帰るものは何1つなかった。家の土台に花を置き、引き返すしかなかった。
 大津波に福島第一原発事故。請戸で漁を再開できる日が来るのか、先のことは分からない。例年ならアイナメ漁が最盛期を迎える頃だ。この日の漁港はがれきに埋もれ、壊れた防波堤に波が打ち寄せるだけだった。
 請戸にたどり着くまでは、変わり果てた町並みを見るのが怖かった。帰りのバスに乗り込む時は違っていた。
 「自分には、ここしかない。どんなに時間がかかっても、いつか必ず船を出す」。強い思いは、海の仲間たちが持ち帰らせてくれたのだと信じている。

カテゴリー:連載・今を生きる

「連載・今を生きる」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧