東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

葛尾村民、三春の仮設に入居 初日162戸に鍵

生活用品などがそろった仮設住宅に喜ぶ松本さん夫妻

 原発事故に伴い警戒区域や計画的避難区域となった福島県葛尾村は26日、三春町に完成した仮設住宅への入居を開始した。初日は村民169人に162戸の鍵が渡された。

 三春町内の貝山、狐田、旧中郷小の各仮設住宅団地で説明会を開き、職員らが電気、ガス、水道の申し込み方法やごみ収集について説明した。柳津町の旅館から貝山団地に入る松本満さん(83)、孝子さん(80)夫妻は「自宅と勝手が違い戸惑いもあるが、隣近所が同じ団地に入るので安心」と話した。

 村は三春町の9カ所に440戸の仮設住宅を建設。希望する317世帯を地域の結び付きを重視して集落ごとに割り振った。村に寄せられた義援金などを使い、布団やこたつ、食器などを各戸に備えた。

 松本允秀村長は「村民が不安を感じないように支援をしていく」としている。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧