東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

飯舘村 最後の競り 来月中に畜産農家避難完了

 福島第一原発事故に伴い全域が計画的避難区域になった飯舘村の肉牛を対象にした最後の臨時競りは28日、本宮市の県家畜市場で開かれた。村によると、村内に残る畜産農家は7月中に全て避難する。
 JAそうま飯舘総合支店によると、震災前は同村で約230戸が肉牛約3千頭を飼育していたが、同日現在で村に残る畜産農家は4戸、肉牛は200数十頭となった。
 競りでは282頭の売買が成立した。成牛の平均価格は32万4518円。畜産農家の避難に伴い、通常は出荷しない生後数カ月の子牛約50頭や妊娠牛約70頭も売りに出された。
 競り会場では同村の畜産農家が悲しみと怒りをこらえながら、落札を見守り、牛に最後の別れを告げた。
 青田範彦さん(70)は最後の4頭を出荷し、「10年以上世話してきた家族同然の牛も手放した。50年近く畜産に携わってきたが、もう終わりだろう。東京電力が憎い」と吐き捨てた。生後数カ月の子牛2頭を出荷せざるを得なかった斎藤次男さん(72)は「これから畜産業を離れて何をすればいいのか。今後の生活のことを考えると不安でたまらない」と嘆いた。

【写真】生後数カ月の子牛も出荷された臨時競り

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧