東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

肉牛42頭、4都県に出荷 餌にセシウム、浅川でも 県内生産者に出荷自粛要請

 福島県は14日、浅川町の肉用牛生産農家が高濃度の放射性セシウムを含んだ稲わらを牛に餌として与えていたと発表した。農家は4月8日から今月6日までの間に、横浜市に14頭、千葉県に5頭、東京都に13頭、仙台市に十頭出荷した。
 県は厚生労働省を通じて各自治体に流通状況の確認と牛肉の残品の放射性物質検査を依頼した。放射性セシウムが食品衛生法の暫定基準値を超えた場合、自主回収を指示するよう求めている。
 県によると、浅川町の肉用牛生産農家が与えていた稲わらは、最大で一キロ当たり9万7000ベクレルの放射性セシウムが検出された。通常検査する牧草と同じ基準に換算すると暫定許容値の73倍程度と推定される。稲わらが与えられていた牛の尿からは530ベクレルが検出された。
 稲わらは白河市の稲作農家が昨年秋から水田に保管し、東京電力福島第一原発事故の発生以降の3月15日から20日にかけてロールにした。浅川町の農家はこの稲わらを購入し、牛に与えた。出荷された42頭のうち、35頭が最長で60日間、食べたという。
 浅川町の農家は、放射性物質を含む稲わらを使っている認識はなかったが、南相馬市で問題が発生した後、不安を感じて12日に県に連絡した。県は13日に調査し、農家に当面、牛の出荷と移動の自粛を要請した。
 白河市の稲作農家は浅川町以外の3カ所に同様の稲わらを販売。このうち、矢吹町で育成中の牛に与えられていたという。他の2カ所では餌として使われていないとみられる。
 県内では、南相馬市の農家が出荷した肉用牛からもセシウムが検出された。浅川町から出荷された肉用牛が餌にしたわらの放射性セシウムの数値9万7000ベクレルは、南相馬市の7万5000ベクレルを上回っている。
 国は3月19日、原発事故以降に屋外に保管されている飼料を与えないよう県に通知した。県は市町村や関係団体を通じ、畜産農家に周知していた。
 県は県内全ての肉用牛、肉用とする予定の牛の出荷と移動の自粛を要請した。自粛期間は肉用牛生産農家への緊急立ち入り調査が終わる18日ごろまで。その後は状況を踏まえて対応を検討する。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧