東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

坂本龍一さん、本県にエール 「自然エネルギーの中心地に」

会見で15日のメーンイベントを振り返る(右から)遠藤さん、和合さん、大友さん、坂本さん、木村さん

 15日に福島市で催されたイベント「プロジェクトFUKUSHIMA!」の主催者が16日、同市内で記者会見し、成果を報告した。イベントに出演した音楽家坂本龍一さんも同席し、「脱原発」を掲げた本県の復興にエールを送った。
 坂本さんは「福島で被災された方々は原発事故もあって大変だろう」と東日本大震災と東京電力福島第一原発事故に見舞われた本県の状況に思いを寄せた。県の復興ビジョンに「脱原発」が盛り込まれたことに触れ「福島が日本の自然エネルギー、再生可能エネルギーの中心地になっていけばいいと思うし、ぜひそうなってほしい」と期待した。
 会見はイベントを主催した福島市の詩人和合亮一さん、同市で少年時代を過ごした音楽家大友良英さん、二本松市出身のミュージシャン遠藤ミチロウさんが開いた。会場の放射線量測定などで協力した科学者木村真三さんも出席。和合さん、大友さん、遠藤さんはイベントの成功を喜び、充実感に浸っていた。
 イベントは四季の里とあづま球場で催した。音楽ライブや詩の群読などさまざまな企画を繰り広げた。来場者は延べ1万3千人に上った。

■主催者会見プロジェクトは継続

 プロジェクトFUKUSHIMA!の活動は今後も続き、福島の現状を世界に発信する。組織をNPO法人化する計画もある。
 会見で大友さんは「地味な取り組みかもしれないが、息の長い活動をしていきたい」と決意を示した。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧