東日本大震災アーカイブ

来年2~3月全住民帰還 川内村 復旧計画を公表

■緊急時避難準備5市町村初

 東京電力福島第一原発事故に伴い緊急時避難準備区域に指定された福島県川内村は13日、指定解除の前提となる復旧計画を公表し、来年2月から3月にかけて帰還する方針を示した。同区域指定の5市町村で帰還時期を示したのは初めて。除染を進め、生活空間の安全性を確認することが条件で、警戒区域の住民を含めた約3千人の全村帰還を目指す。他の4市町も復旧計画の策定を進めており、政府は計画提出を受け今月下旬にも緊急時避難区域を一斉解除する見通しだ。

 川内村の遠藤雄幸村長が同日、郡山市のビッグパレットふくしまで開かれた9月定例村議会で、「除染を行い、安全安心が確認されれば、12月中に帰還宣言する。来年2月から帰還を開始し、3月末の完了を目指す。24年4月からこれまで同様の村民生活をする」と述べた。

 公表された復旧計画では、来年4月から保育園、小中学校を再開する方針が盛り込まれた。高校生については、通学の実態を把握し郡山市か田村市に「学生寮」を設置することを検討する。警戒区域の160世帯(353人)については、村内に仮設住宅もしくは集合住宅を建設し生活の場を確保する。

 放射線の年間積算線量を1ミリシーベルト以下とすることを除染の目標とした。作業で出た放射性物質を含む土砂などの廃棄物は警戒区域に仮置きする計画で、5カ所程度を想定している。

 村は、政府の区域解除後に住民説明会を開いて「全村帰還」の考え方を説明するほか、帰還後は行政区ごとに座談会を開き、住民の生活支援に努める。

 同村は警戒区域と緊急時避難準備区域が混在している。村民約3千人のうち、約2100人が県内、約650人が県外にそれぞれ避難し、村内に約250人が戻っている。

■除染、雇用課題山積 村長「普通の生活へ全力」 川内村帰還計画

 来年2月からの全村帰還を目指し、川内村が13日に公表した「復旧計画」の具現化に向けては除染や雇用確保、商店の再生など課題は山積みしている。住民の間には早期帰宅への期待が膨らむ一方、帰村後の生活への不安も尽きない。

 村は緊急時避難準備区域の解除に合わせ10月から除染に取り組む方針だが、範囲は保育園や小中学校、公園、医療施設、公共施設から村内の家屋、農地、山林など広範囲に及ぶ。山林の除染には20年ほどかかる見込みで隅々まで効果的に作業するかが大きな課題だ。

 暮らしの基盤の再構築も必要で、村は9月補正予算案に300ヘクタール分の種もみ購入費600万円を計上し、農地再生を促進する。若者や女性らが就労しやすい製造業を誘致するなどして雇用の創出にも努める考えだが、風評被害の払拭(ふっしょく)などが急務だ。

 「自宅は除草もしたし、いつ帰っても大丈夫」。郡山市の仮設住宅に住む馬場美代さん(65)キヨ子さん(60)夫妻は「帰還宣言」を歓迎する。ただ、これまで営んでいた川魚料理店の再開の話になると表情は曇る。「再開したいけど、現実的には難しい」と放射能問題の影響を不安視する。

 東京電力福島第一原発事故が発生する前、富岡、大熊両町で働いていた村民も少なくない。郡山市の仮設住宅に住む主婦(52)は両町の警戒区域解除の見通しが立っていない中、「村民が単独で帰還しても周囲に働き口がなければ生活できない。若い人は戻らないのでは」と懸念を口にする。無職男性(60)は「村に戻っても仮設住宅暮らしになるなら便利な今の場所がいい」と複雑な胸の内を明かす。

 買い物の不便さを指摘する声もあり、井出茂村商工会長は「商店は一番身近なインフラ。国や県の有利な制度資金を活用し、共同店舗の開設を実現させたい」と話す。

 13日に郡山市のビッグパレットふくしまで計画を示した遠藤雄幸村長は「(都市部での)生活はあくまでも仮の暮らし。村内で1日も早く普通の生活を送れるよう全力で取り組みたい」と述べた。

■田村市は年度内目標計画素案

 田村市は復旧計画の素案に、平成24年3月末までに住民の帰還を完了させる目標を盛り込んだ。新年度の開始に合わせて小中学校を再開させたい考えだが、震災で崩れた都路中の土手の修復や教育施設の除染など課題も抱えている。

 南相馬市は既に、子どもと妊婦を除く住民に区域内への帰還を呼び掛けていることから、復旧計画に時期は盛り込まない方針。震災以前の生活環境を取り戻すため、学校など公共施設の除染と交通などのインフラ復旧作業を進める。

 楢葉町は、楢葉南工業団地についての復旧計画を今月下旬をめどに策定する。同団地内に進出している19社のうち数社から操業再開の申し出があり、町は電気や上下水道などの復旧を急ぐ。

 広野町は早ければ今週中にも復旧計画を公表する。計画には町内の除染の開始時期や町民の帰還完了の予定などが盛り込まれる見通しだ。

カテゴリー:福島第一原発事故