東日本大震災

  • Check

地域単位で買い上げ 100ベクレル超500ベクレル以下の23年産米

 農林水産省は29日、平成23年の県産米で1キロ当たり100ベクレル超500ベクレル以下の放射性セシウムが検出された13市町村の62旧市町村について、地域単位で民間団体がコメを買い上げることを正式に発表した。500ベクレル超のコメが見つかり、地域単位の買い上げが決まっている3市9旧市町村のコメ(約4000トン)と合わせると、買い上げる総量は最大3万7000トン、金額は約80億円に上る見通し。支払いは近く開始される予定だ。
 100ベクレル超500ベクレル以下のコメの買い上げ量は農家単位としていた当初の1000トンから3万3000トンに大幅に増える。JA全中、全農などが設立した民間団体「米穀特別隔離対策推進協会」が最大3万7000トンのコメを買い上げ、民間集荷業者、JA、農家らに出荷代金相当額を支払う。代金はコシヒカリ(浜・中通り)60キロ当たり1万2500円で算定。協会は東京電力に賠償請求する。
 コメは流通しないよう産地の倉庫などに保管した後、焼却処分される。ただ、各JAの倉庫は既に満杯な上、24年産米の準備のために空ける必要がある。県とJAなどは民間業者の倉庫を借りて一時保管する方法などを検討している。
 100ベクレル超のコメが出た地域について、県やJA福島五連が地域単位での買い上げを要請。同省も受け入れる方針を固めていた。
 買い上げ対象地域は次の通り。「=」以下は旧市町村名。
 ◇500ベクレル超の地域▽福島市=福島、小国▽伊達市=月舘、小国、掛田、富成、柱沢、堰本▽二本松市=渋川
 ◇100ベクレル超500ベクレル以下▽福島市=平田、水原、青木、大笹生、庭坂、庭塚、野田、余目、笹谷、飯坂、中野、平野、飯野、水保、下川崎、立子山、松川、金谷川、大久保▽伊達市=石戸、上保原、霊山、小手、梁川、山舟生、大田、富野、保原、五十沢▽二本松市=岳下、大平、小浜、塩沢、木幡、戸沢、石井、油井(安達町)、上川崎、太田(岩代町)、新殿、太田(東和町)▽本宮市=白岩、和木沢(白沢村)、本宮、和木沢(本宮町)▽川俣町=飯坂、富田、福田▽桑折町=半田、睦合▽国見町=大枝、大木戸、小坂、藤田、森江野▽大玉村=大山▽郡山市=逢隈、高野▽田村市=瀬川▽白河市=白坂▽西郷村=西郷▽相馬市=玉野

東日本大震災の最新記事

>> 一覧