東日本大震災

  • Check

放射線計測や分析、除染技術開発 福島に拠点整備 県と原研機構が協定

 県と日本原子力研究開発機構は30日付で連携協力に関する協定書を締結した。環境放射線計測や環境試料分析のため、福島市内に共同で分析所を整備し、平成24年度後半の運用を目指す。
 設置場所は今後詰めるが、既存の建物を活用する。ゲルマニウム半導体検出器やホールボディーカウンターなど、双方がそれぞれ機械を持ち寄り、試料分析のほか、除染の技術開発などを進める。ホールボディーカウンターは、除染業務従事者の除染前後の健診にも活用する方針。
 県は、専門機関である機構が持つノウハウを今後の除染に役立てる。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧