東日本大震災アーカイブ

楢葉町 区域再編で初の説明会 町民の心境複雑

警戒区域の見直しについて意見を交えた町民説明会

 一部が警戒区域に掛かる楢葉町は11日、避難区域の見直しに関する町民説明会をいわき市文化センターでスタートさせた。
 館内いっぱいの約500人の町民が参加し、内閣府や復興庁など関係省庁の担当者が説明し質疑に応じた。国側は警戒区域を避難指示解除準備区域に再編する案を示し「警戒区域が解除されても(避難指示は続き)賠償は継続される」などと説明した。
 町民からは「除染が先。急いで見直す必要はない」「平日の上に(町長選など)選挙期間中では住民不在の説明会だ」など見直しに反対や慎重な声が上がった。主婦4人で参加した女性(46)は「自宅に自由に立ち入りたいが検問所が撤去されると防犯対策が気になる。放射線量も心配だ」などと複雑な心境を語った。町は通行証を発行する考えを示した。
 説明会は12日午後2時から同市文化センター、13日午前10時から会津美里町ふれあいセンターあやめ荘で開く。3日間で出た意見を集約し今後、町としての方針を国に伝える。草野孝町長は避難区域再編について「町民に誤解がないようしっかり説明したい」と話した。

カテゴリー:福島第一原発事故