東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

平野復興相が小高など視察

小高区の被災状況を視察する平野復興相。右は桜井市長

 平野達男復興相は21日、避難区域再編後初めて南相馬市を訪れ、旧警戒区域の小高区の被災状況を視察した。

 平野氏は「上下水道などのインフラ整備を早急に進めるため、市をできるだけ丁寧に支援する。国と県ができることは行う」と述べた。旧警戒区域での事業再開に向けては「被災した産業が戻り、新たな産業を誘致できるようインフラの復旧を急ぐ。雇用の確保は非常に大事で、経済産業省と連携してしっかりと取り組む」と語った。

 同行した桜井勝延市長は「旧警戒区域で住民が暮らせるようになるには最低でも1、2年はかかる。国の責任でやれることはやってもらう」と話した。

 平野氏は警戒区域の浪江町も訪れ、大柿ダムなどを視察。約3500ヘクタールの農地に農業用水を提供してきた大柿ダムは放射線量が比較的高い地域にあるため、今後の農業用水の確保を課題に挙げた。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧