東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

浪江町長が真相究明求める 国会事故調が会合

事故調査委員会で事故に関する原因究明を求める馬場町長(右から2人目)

 国会の東京電力福島原子力発電所事故調査委員会の第10回委員会は21日、二本松市民会館で開かれ、浪江町の馬場有町長らが参考人として出席した。馬場町長は福島第一原発事故の発生当時、国や県、東電から連絡通報がなかった点や「緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(SPEEDI)」が活用されなかった問題の真相を究明するよう求めた。

 馬場町長は原発事故発生後、国などから連絡を受けなかったと強調し「連絡・通信手段はあったのではないか」と疑問を呈した。その上で、東電に対し「歩いてでもこられる状況だった。協定違反だと感じる」と語った。危機管理が希薄だったために事故が拡大したとも指摘し、国の責任で訓練する必要性を訴えた。

 SPEEDIについては「公開されていれば別の避難方法があった。真相を究明してほしい」と要求。原子力行政は規制と推進の部門を分けるべきとの見解も示した。

 委員会で避難自治体の意見を聞くのは、双葉町に次いで2回目。馬場町長の他、吉田数博町議会議長ら6人が参考人出席した。吉田議長は「住環境整備、雇用確保、健康管理などの問題がある中で、国が方向性を示さずに中間貯蔵施設や区域再編を求めるのは、われわれの思いとは違う」と主張した。

 22日は大熊町関係者を迎え、会津若松市で委員会を開く。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧