東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

県が大熊町に謝罪 SPEEDI消去を説明

 東京電力福島第一原発事故発生後、県にメールで送信された「緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(SPEEDI)」の試算データ消去問題で、県は26日、大熊町に経緯を説明し、謝罪した。
 県生活環境部の古市正二次長が会津若松市にある町役場会津若松出張所で渡辺利綱町長に説明した。詳細調査を怠っていたなどとして職員4人を書面訓告などの処分にしたことも伝えた。渡辺町長は「県民の健康を最優先にしてほしい」と再発防止を求めた。
 県は20日に浪江町に謝罪している。双葉郡8町村など関係する13市町村に説明する。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧