東日本大震災

  • Check

児童養護施設に88万円 東電賠償金11人分

手渡された封筒と同封された手紙を示す神戸園長

 福島市土船の児童養護施設「青葉学園」に28日、現金88万円が届けられた。現金が入った封筒には差出人が「福島の獅子」と書かれた手紙が添えられ、「東京電力からの賠償金11人分」と記されていた。
 神戸信行園長(63)によると、同日午後1時半ごろ、60歳前後の男性が同施設を訪れ、神戸園長に「預かってほしいものがある」と言って玄関口で封筒を手渡した。神戸園長が施設内に案内しようとしたところ、そのまま車で帰ってしまったという。
 手紙には「福島県人の一人として、昔起こった様々な原発事故に、あまりにも無関心であったことに対し、忸怩(じくじ)たる思いを抱き続けています」と書かれ、使い道を考えた経緯がつづられていた。さらに、こどもの日を前に「福島の未来を担う子どもたちのために使っていただきたい」と故人1人を含む11人分の賠償金を贈る旨が記されていた。
 神戸園長は「寄付していただき感動している。夏の旅行など子どもたちの行事で使いたい」と喜んだ。
 青葉学園には家庭の事情などで親と離れて暮らす2歳から18歳までの子ども55人が生活している。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧