東日本大震災

「連載・今を生きる」アーカイブ

  • Check

今を生きる 教員の夢胸に海外へ あす出発 養護学校支援に意欲

橋本市長(右)に出発を報告した鈴木さん(中央)と水谷所長

■青年協力隊ザンビア派遣鈴木唯香さん23(須賀川) 県教委の採用見送り乗り越え...
 「福島の教員になる前に国際的な視野を広げたい」。国際協力機構(JICA)の青年海外協力隊としてアフリカ・ザンビアに派遣される須賀川市の鈴木唯香さん(23)は25日、現地に出発する。現地に2年間滞在し、養護学校で障害者の自立支援に当たる。22日、市体育館を訪れ、橋本克也市長に出発を報告した。
 鈴木さんは本県の教員採用を目指し、山形大に進学、特別支援学校教諭の免許を取得した。しかし、東京電力福島第一原発事故の影響で県教委は今春、本県の教員採用を見送った。
 目標の道を奪われ、最初はひどく落ち込んだという鈴木さんだが、大学の講義で国際社会に興味を持ったこともあり、「海外から日本を見るチャンス。開発途上国の教育の現状を自らの目で確かめたい」と前向きに捉えた。大学卒業後、真っすぐJICAの門をたたいた。
 4月から2カ月間、二本松市の二本松青年海外協力隊訓練所(JICA二本松)で英語や現地の安全対策、生活スタイルを学んだ。ザンビアでは知的障害がある10代前後の子どもの授業や日常生活の指導などに当たる。
 出発報告で橋本市長は「帰ってくるのを楽しみにしています。良い成果を挙げてきてほしい」と激励。県のうつくしま国際協力大使にも委嘱されている鈴木さんは「実際の教員経験がなく、それほど技術はないが、子どもたちが楽しく過ごせるよう頑張りたい」と力強く語った。
 JICA二本松の水谷恭二所長と国内協力員の佐藤翔さんが同席した。

カテゴリー:連載・今を生きる

「連載・今を生きる」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧